モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

ヘッドキャット、ベルリンでレミー追悼ライブ

レミーが生前に結成したロカビリーバンド、ヘッドキャットは3日、独ベルリンにあるホワイト・トラッシュ・ファストフードでレミー追悼ライブ「Long Live Lemmy」を開催した。
このイベントは約4週間前から告知され、前売りだけでチケットは完売。多くのファンが詰めかけた。

まず、キルミニスターというモーターヘッドのトリビュートバンドがオープニングアクトに登場し、会場を盛り上げた。
ヘッドキャットのステージでは、メンバーであるスリム・ジム・ファントム(ds)とダニー・B・ハーヴェイ (g)に加え、ドイツのバンドでレミーの友人であるスキューシスキンのメンバーが参加し、50年代のオールディーズなどを熱演した。

場内にはレミーの似顔絵やメッセージボードが飾られ、集まったファンはレミーを思い出して追悼した。

Head Cat
ヘッドキャットは、レミー(モーターヘッド)、スリム・ジム・ファントム(ストレイキャッツ)、ダニー・B・ハーヴェイ (ザ・ロカッツ)によるロカビリーバンド。
エルビス・プレスリーのトリビュートアルバム『Swing Cats: A Special Tribute to Elvis』(1999)をきっかけに結成され、2004年ごろからロサンゼルスのサンセットストリップを中心にライブを行った。ライブでは50年代のロックンロールのカバーを披露し、アルバム『Fool's Paradise 』(2006)と『Walk the Walk...Talk the Talk』(2011)、 2004年のライブを収録したDVD『Rockin The Cat Club』(2006)を残した。2015年1月23日の米アゴウラヒルズでの公演がレミー最後のライブとなった。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: モーターヘッド