モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

エディ・クラーク、レミーとの再活動の予定があったことを明かす

英「クラシックロックマガジン」によると、モーターヘッドのレミーとファスト・エディ・クラークが再び一緒に活動する話があったという。
http://teamrock.com/news/2016-11-15/motorhead-lemmy-fast-eddie-clarke-nearly-reunited

モーターヘッドの元メンバーでギタリストのファスト・エディ・クラークは、90年代にレミーと再び活動する準備があったことを明かした。エディによると、レミーとの共演は、バンド形式ではなく、ストッキングとガーターベルトの女性オーケストラを連れてきて、アコースティックユニットとして活動する準備があったという。

しかしながら、それは実現しなかった。というのは、レミーがバンドメンバーに対して後ろめたさを強く感じたため、エディとの再活動を拒否したという。彼はバンドメンバーを混乱させたくなかったそうだ。

当時のバンドのギタリストであるフィル・キャンベルは、1984年からモーターヘッドのメンバーとして長きにわたり活動しており、レミーとフィルの間には強い絆があった。エディもそのことを理解していた。
おそらく、レミーはエディとの再活動を望みながらも、フィル・キャンベルとの絆を裏切ることができなかったのだろう。

また、このオリジナルメンバーの再結成について、レミーは過去のインタビューで「ずっとオファーはされているんだが、提示されている金額がまだ低い」と語ったが、実際は当時のメンバーを裏切ることができなかったという彼の一面が見える。

ギタリストのエディ・クラークは、ドラマーのフィルシー・アニマル・テイラーと共にモーターヘッドのクラシックトリオとされ、1982年に脱退するまでの6年間活動した。

2 Comments

Shu  

Re: タイトルなし

ヘタリカさん、こんばんわ。
キルおじさんの誠実さが伝わってくるエピソードですよね。
来月は一周忌です、

2016/11/24 (Thu) 00:17 | EDIT | REPLY |   

ヘタリカ  

う~ん、残念な話ですが、レミーの人間関係の細やかさが伝わるエピソードですね。
フィル・キャンベルは30年以上バンドメンバーでしたから、色々と悩んだのでしょうが正解です。

2016/11/23 (Wed) 10:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: モーターヘッド