モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

【モーターヘッド】フィル・フィルシー・アニマル・テイラー 一周忌

モーターヘッドの元メンバーでドラマーのフィル・フィルシー・アニマル・テイラー氏(享年61)が昨年11月11日、病気のため亡くなってから1年が経つ。

この時、すでに彼はミュージシャン生活から半隠居状態であったものの、まさかの事態にメタルシーンには衝撃が走った。
彼の死後、メタリカやオジー・オズボーンらといったビッグネームが相次いで哀悼の意を表したことからも、その影響の大きさがうかがえる。
多くのミュージシャンとファンが、初期モーターヘッドサウンドを作り上げたケンカドラマーの早すぎる死を悼んだ。

ちなみに、この日、レミーはロンドンのラウンドハウスで行われた「クラシックロックマガジン」の授賞式にプレゼンターとして出席し、その場にはファスト・エディ・クラークも来場していたとのこと。結果、2人が顔を合わせたのはそれが最後となった。そして、その晩、フィル・テイラーが亡くなったのだった。
年中ツアーをしているレミーがこの日、偶然にも故郷イギリスにいたというのは不思議な運命のようなものを感じざるを得ない。

フィルシー・アニマルの魂よ、宇宙に飛んで永遠にロックンロールの中に漂いたまえ。



【関連記事】
【追悼】フィルシー・アニマル氏:ギザギザヘアーのケンカドラマー
レミー、元ドラマー「フィル・テイラー氏他界」に哀悼の意
フィル・テイラー氏に追悼の声続々… オジー「グレートドラマー」
モーターヘッド元ドラマー フィル・フィルシー・アニマル・テイラー氏が死去

2 Comments

Shu  

Re: タイトルなし

ヘタリカさん、こんにちわ。
1979年という時代に「オーバーキル」でツーバスを鳴らしていたことを考えると、そのすごさが分かりますね。
フィルシーのドラムはツーバスもそうですが、独特の粗野なグルーヴがあり、突っ込んでいく感じがたまりません。それがうまく表現されたのがアルバム『エース・オブ・スペイズ』だと思います。
髪型、オフステージでのケンカ、冗談好き、、そういった側面でもメタルのアティチュードを感じさせてくれました。合掌。

2016/11/13 (Sun) 04:29 | EDIT | REPLY |   

ヘタリカ  

早いモンでもう1年ですか?
フィルのダブル・ベース・ドラムの速さには驚きました。
残念ながら今は高速ブラストビートですが。
ただ、当たり前ですがスラッシュやデスメタルの世界では
ロックンロールを感じられないですね。

2016/11/12 (Sat) 22:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: モーターヘッド