モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

レミー出演映画まとめ

モーターヘッドの故・レミー・キルミスターは、これまでいくつかの映画に出演したことがある。
それらをまとめてみた。

・『金持を喰いちぎれ』(1987)
レミーの役は「スパイダー」というスパイ/アウトローでちょこちょこ出てくる。パーティー会場での「ドクターロック」演奏シーンは見どころのひとつ。主題歌はモーターヘッドの「イート・ザ・リッチ」。映画のサウンドトラックもある。




・『ハードウェア』(1990)
リバータクシーの運転手役。

・『ハードロック・ハイジャック』(1994)
ハードロックバンドを題材にした映画。レミーは最後にヤジウマ役として一瞬出るだけだが、劇中のセリフでレミーに関するクイズがある。映画の主題歌はモーターヘッドの「ボーン・トゥ・レイズヘル」。

・『Charlie's Death Wish』(2003)
詳細不明
・『Gutterdämmerung』(2016)
1920年代風のサイレント映画。スウェーデン出身の映像作家 ビョルン・タグモスが監督し、ヘンリー・ロリンズが脚本を共同執筆。レミーはアーマー部隊を率いる将官役。

トロマ映画
トロマ映画とは、B級ホラー映画『悪魔の毒々モンスター』で知られるロイド・カウフマン監督が設立したトロマ・エンターテインメントが 製作・配給した作品。
レミーはトロマ作品にたびたび出演した。

・『トロメオ&ジュリエット』(1997)
出演とナレーションを担当。




・『テラー・ファーマー』(1999)
詳細不明
・『悪魔の毒々モンスター:新世紀絶叫バトル』(2000)
ヤジウマ役で出演。ちょこちょこ出てくる。

・『リターン・トゥ・悪魔の毒々ハイスクール Vol.1』(2013)
レミーは大統領役で出演。

ドキュメンタリー
以下は主にコメント出演。
・『ザ・メタルイヤーズ』(1988)
ロサンゼルスの音楽シーンを捉えたロックドキュメンタリー「ザ・デクライン」3部作の第2作。本作では1987年から88年にかけてのLAメタルシーンを特集。日本では2016年春にも公開された。
レミーはロサンゼルスの景色をバックに出演。

・『メタル:ヘッドバンガーズ・ジャーニー』(2005)
メタルカルチャーのルーツを探るメタル人類学ドキュメンタリー。
レミーはレインボーバーでのインタビュー出演。DVDには特典でレミーのコメント集がある。

・『リンガーズ:ロード・オブ・ザ・ファンズ』(2005)
トールキンの『指輪物語』のファンを追ったドキュメント。

・『アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち』(2009)
カナダのバンド、アンヴィルを追ったドキュメント。
日本語吹き替え版ではローリー寺西氏がレミーの声を担当。

・『サクソン/ヘヴィ・メタル・サンダー』(2012)
NWOBHMのバンド、サクソンのドキュメント。
ファスト・エディ・クラークらもコメント出演している。

・『サンセット・ストリップ:ロックンロールの生誕地』(2016)
ロックンロールの生誕地といわれるエリア、米ロサンゼルス・サンセット大通りにあるサンセット・ストリップに焦点を絞ったドキュメンタリー。

・『地獄に堕ちた野郎ども』(2016)
ザ・ダムドのドキュメンタリー映画。

・『Father of Loud』(2016?)
マーシャルアンプのドキュメンタリー。レミーはホークウインド時代からマーシャルを愛用していた。2008年には自身のシグネチャアモデル「1992LEM」が同社から登場した。

レミー本人に密着したもの
・『Lemmy』(2002)
ドイツ人カメラマンのペーター・ゼンペルによるレミー密着映画。

・『Motörhead - Live Fast Die Old』(2004)
英チャンネル4によるドキュメント番組。TV放送。2003年に行われたモーターヘッドの全英ツアーやレミーの自宅を取材したもの。

・『極悪レミー』(2010)
レミーの自宅やモーターヘッドのツアーを追ったドキュメンタリー映画。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: モーターヘッド