モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

【Motörhead】レミー遺作の『Bad Magic』から1年



モーターヘッドのアルバム『Bad Magic』が昨年8月28日にリリースされてから1年が経った。
結果的にこのアルバムがレミー・キルミスターの遺作となった。

『Bad Magic』はモーターヘッドが近年リリースしたアルバムの中でも特に秀逸で、彼ららしいドライブ感と音の厚みに圧倒される。
69歳のレミーがまだまだ現役でやれること、誰よりもエネルギッシュであることをアピールするものだった。

特に、1曲目「Victory Or Die」から2曲目「Thunder & Lightning」への流れが強烈で、有無を言わさずフルスピードで突っ込んでいく。隙のない展開はリスナーに休む間を与えず、CDを再生するや否やレミーの勝利を確信するサウンドだ。
その次の「Fire Storm Hotel」でのテンポチェンジ、レミーの「バーン!」という掛け声から始まるフィルの燃えるようなギターソロ、グルーヴィな「Shoot Out All of Your Lights」、ミッキーのドラミングはいつだって完璧だ。

他方で、リリースからわずか1年でアルバムに対する捉え方がだいぶ変わってしまった。
今となってはオープニングの「ヴィクトリーオアダイッ!」というレミーの声を聴いただけで、CDを停止したくなるような悲しさを覚える・・・。
また、バラード曲「Till The End」について、レミーは自分自身のことではないと語っていたが、それは「死ぬまで」という意味で、彼の覚悟が感じ取れる。

しかしながら、ファンがすべきことは、彼の死を悲しむのではなく、彼の人生や作品を称えることだ。そのひとつはアルバムを聴くことである。ジークレミー!ジークモーターヘッド!

2 Comments

Shu  

Re: 同感

■ヘタリカさん
こんばんわ。レミーの仲間や影響を受けたミュージシャンはメタルだけでなく、ロカビリー、ガレージ、パンク/ハードコアのバンドも多いのが特徴ですね。その点においても彼らがジャンルレスな存在だったことが分かります。
※そういえば、ストレイ・キャッツの元メンバー、レミーとヘッドキャットで活動した、スリム・ジム・ファントムが10月に来日するそうです。

2016/08/31 (Wed) 20:28 | EDIT | REPLY |   

ヘタリカ  

同感

同感です。レミーの追悼ライブで「Ace of spades」をコリー・テイラーが歌っていましたが「この人ってこんなに上手かったのか」と驚かされたりします。
本当にロカビリーでエルビス・プレスリーの影響を受けていたとされるフィル・キャンベルのコメントも尤もと思われます。
あんなにウルさいのにロカビリーってヘンですね。

2016/08/31 (Wed) 17:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: モーターヘッド