モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

【英リーズ】王立武器博物館に行きました:鋼鉄の魅力に圧倒される空間

英リーズ、The Royal Armouries

イギリスへ旅行した際、リーズにある王立武器博物館(The Royal Armouries)へ行った。

中世の武器を中心に、銃、刀剣、甲冑が展示されており、人間と武器の歴史を見ることができる。

まず、入ると、2500点以上の甲冑や刀剣が飾られた「Hall of Steel 」(鋼鉄の玄関ホール)が出迎えてくれる。
これが圧巻の光景!

館内には多数の甲冑が展示されているが、中でも存在感を放っていたのが、博物館のシンボルにもなっている「ヘンリー8世の兜」。
1512年ごろのもの。16世紀のイギリスにはすでにメタルっぽいデザインがあったことが分かる。

英リーズ、The Royal Armouries

もうひとつのシンボル、16世紀のインドの戦象鎧。
等身大のゾウの模型が大迫力。ゾウの上には兵士がいる。

英リーズ、The Royal Armouries

甲冑を着た騎士と馬の戦闘場面を表した展示もある。

騎士 甲冑 英リーズ 王立武器博物館

繊細な装飾が施された銃や剣もあり、その美しさに圧倒される。

英リーズ、The Royal Armouries

英リーズ、The Royal Armouries

この他にも、「ワーテルローの会戦」をモチーフにした巨大ジオラマ、絵画作品、日本の甲冑や刀剣、ハンティングや殺人の武器など、広い館内どこも見応え十分。しかも入場無料!
武器の攻撃性や力強さ、甲冑や刀剣の輝きといったメタルを感じさせる展示が多いので、メタルファンにおすすめ。



https://www.royalarmouries.org/home

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 行ってみた