モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

芥川賞受賞作「コンビニ人間」を読んでみた:コンビニは強制的に正常化される場所

 芥川賞を受賞した、村田沙耶香さんの「コンビニ人間」を興味深く読んだ。

 コンビニアルバイト店員の恵子(36歳独身)は、マニュアルで「店員」になることはできるが、マニュアルのない現実世界では正常に生きる方法が分からない。
 友人や家族からは「正常」という物差しで測られ、奇異の目で見られる。就職、恋愛、結婚、出産…、どれも経験していない恵子は自分の人生がマニュアル通りでないこと(正常でないこと)に気付き、男と同棲を始める。
 その白羽という男は「狩りをしない男、子供を産まない女は社会に貢献していないと見なされ、干渉され、削除されていく、この世界は縄文時代から変わっていない」と主張し、恵子に就職することを提案する。
 彼の提案通りに就職すれば、恵子は「正常な社会」の一員になれただろう。しかし、恵子はそれを選ばなかった。彼女は自らの意思で「コンビニ人間」として生きることを選択する。恵子にとってそれが「正常」だからだ。

ヘコんだ缶は排除される「正常な社会」 
 読者が本作を読む時に体験するのは恵子のマニュアル感覚である。彼女は毎日のマニュアル化された生活の中で意識的に自分を感じ、コンビニ人間として生きている。コンビニの描写はただの風景描写のように見えるが、それこそが彼女を包囲する「正常な社会」である。恵子のマニュアル感覚を表現することで、マニュアルのない現実社会の中で正常な人間として生きることの難しさを知りながら生きる個人の存在を明らかにする。そのような感覚の中でコンビニ人間の継続を選択するエンディングに本作の意義を感じる。

コンビニ人間の個性とは
 この「36歳のコンビニアルバイト店員」というのは作者自身のことでもあり、恵子の「今のままじゃだめってことですか?それって、何でですか?」という言葉は作者の声だろう。おそらく実際に家族や友人から正常化を促されたことがあるに違いない。多くの人が毎日のようにコンビニを利用しているのにコンビニを認めようとしない現実。「正常」とは何なのか、多様な生き方の意味を問いかける。

 他方でコンビニ人間が正常な生き方とは違うことも否めない。コンビニの店長や社員を目指すわけでもないし、バンドマンのようなフリーターでもないし、家庭や身体に事情があるわけでもない。特別な意識:上昇志向やマイペース、逸脱や反逆、異端や孤高とは異なる、静かな何かを感じる。それはちょうど、コンビニの商品のような「前に出過ぎない」個性なのかもしれない。

 こういう「コンビニ人間」みたいな人はけっこういると思う。まだ結婚や就職をしていない同じぐらいの年齢の人が本作を読むと深い共感が得られるかもしれないが、その分ダメージも大きいので気を付けよう。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 読んでみた