モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

<グラミー授賞式>ジョニー・デップらがレミーを追悼

アリス・クーパー、ジョー・ペリー、ジョニー・デップらによるバンド「ハリウッド・ヴァンパイアーズ」が15日(現地時間)、米ロサンゼルスで開催された第58回グラミー賞授賞式で、昨年末急逝したモーターヘッドのレミー・キルミスターへの追悼パフォーマンスを披露した。

まず、プレゼンターとしてデイヴ・グロールが登壇し、次のように述べた。

「ロックンロールをプレイする人は多いですが、しかし、ロックンロールな人はほとんどいません。レミー・キルミスターはロックンロールでした。彼は反逆者で、アウトサイダーで、個性的な生き方をしました。彼はモーターヘッドでした。彼はレジェンドで、私は彼と友人であることを誇りに思います。私はエース・オブ・スペーズのタトゥーをしていますが、しかし、本当はずっとずっと昔にレミーとモーターヘッドが私に強い影響を与えたのです。ロックンロールを愛したことのある人々と全く同じように。レミーは「エース・オブ・スペーズ」の中で、「プレイすることが楽しみだ」と私たちに教えます。今夜、私はレミーと最近亡くなったフィル・“フィルシー・アニマル”・テイラーにお礼が言いたいのです。彼らの音楽とすべて、モーターヘッドを引き起こしたことに。」


このスピーチの後、デイヴ・グロールによる紹介でハリウッド・ヴァンパイアーズがステージに登場した。
彼らにとって、これがテレビ初出演となった。
この日はダフ・マッケイガンやマット・ソーラムらもバンドに参加した。
新曲「アズ・バッド・アズ・アイ・アム」を披露した後、ダフのベースイントロから「エース・オブ・スペーズ」が始まった。

ステージ後方のスクリーンにはレミーの写真が映し出され、レミー愛用のリッケンバッカーのベース4004LK、マーシャルアンプ、独特の角度のマイクスタンド、ハット、ブーツ、ジャケットが飾られた。

ギターソロと3番をカットしたショートバージョンだったが、スーパーグループの演奏は会場を魅了した。

また、同授賞式には、レミーの息子であるポール・インダーが出席し、レインボーバーに建設される計画が進められているレミー像や、レミーが亡くなる前の様子について語った。

ちなみに、「ベストメタル・パフォーマンス」部門は、
オーガスト・バーンズ・レッド、ゴーストB.C.、ラム・オブ・ゴッド、セヴンダスト、スリップノットがノミネートされていたが、
スウェーデンのゴシックホラーバンド、ゴーストB.C.の「Cirice」が受賞した。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: モーターヘッド