モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

モーターヘッドのギタリスト、デヴィッド・ボウイの死を悼む

米ハリウッドのフォレスト・ローン記念公園墓地で9日に行われたレミー・キルミスターの葬儀。

その式に、バンドのギタリストであるフィル・キャンベルと元メンバーのエディ・クラークの姿がなかった。
葬儀では、エディ・クラークからの手紙と大きな供花が飾られていた。

フィルは、昨年11月に体調不良で入院し、ツアーを休止したことがあった。
今回もその影響で、ドクターストップがかかったという。
彼は、ツイッターで、「長時間のフライトはしないように医師から忠告された」と明かした。

また、彼はステージでデヴィッド・ボウイのTシャツを着用するほどのファンで、
「またひとり音楽の天才が、悲しむべきことに今日我々の元を去った。真のアーティストだ」と、訃報に肩を落とした。




他方、元メンバーのエディ・クラークは、入国ビザが間に合わず、式に出席できなかったという。
「このところ少し落ち着いたよ…。私はレミーの葬儀へ行くのにビザを取れなかった。
私は過去に罪を犯したことがある。すなわち、私がビザを取得するためには時間がかかる。
クリスマスの前後の時期で、十分な時間がなかった…」
「私のオールドフレンドよ、安らかに眠れ」と弔意を示した。

彼もまたボウイのファンで、「私は幸運にも1975年にハマースミスで最後のジギースターダストを見た。アンコールでジェフ・ベックが登場した。もうひとつの偉大な喪失…デヴィッド・ボウイよ、安らかに」と偲んだ。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: モーターヘッド