モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

モーターヘッド元ドラマー フィル・フィルシー・アニマル・テイラー氏が死去

モーターヘッドの元ドラマー、フィル・"フィルシー・アニマル"・テイラー氏が、11日に亡くなったことが明らかになった。61歳だった。

元バンドメンバーで、ギタリストのエディ・クラークが、12日にフェイスブックで、彼が病気だったことを明らかにし、その死を惜しんだ。

テイラー氏は、1975年にモーターヘッドに加入。
1984年に1度脱退したが、87年にバンドへ復帰し、92年に再び脱退した。
独特の荒々しく、スピード感のあるドラミングが魅力で、モーターヘッドのサウンドを作り上げたひとりだ。

アルバム『オン・パロール』、『モーターヘッド』、『オーヴァーキル』、『ボマー』、『エース・オブ・スペーズ』、『アイアン・フィスト』、『アナザー・パーフェクト・デー』、『ロックンロール』、『1916』に参加した。

モーターヘッド

その一方で、気性が荒いことでも知られており、オフステージでは、たびたびトラブルやケンカを起こし、ケガでツアーが延期されたこともあった。
そんな彼の喧嘩早い性格がそのままドラムサウンドに表れていたように思う。

昨年11月、モーターヘッドのバーミンガム公演のステージに登場し、元気な姿を見せていた。



彼の“モータービート”はファンの心に残り続けるだろう。
Rest in peace Philthy. Thanks for the noise.

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: モーターヘッド