モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

モーターヘッド ライブ映像:サンフランシスコ公演(2001年9月)



モーターヘッドが、2001年9月30日に米サンフランシスコのグレイト・アメリカン・ミュージック・ホールで繰り広げた熱いライブは、ベストギグのひとつと言えるだろう。

そのライブ映像では、彼らのキレのあるライブパフォーマンスを見ることができる。
力強いスピード感、タイトでダイナミックなバンドアンサンブルに加えて、ひとつひとつの音がガッツに満ちていて、エネルギッシュで、ノリに乗っている。

とりわけ、アンコールの必殺ナンバー2曲は、非の打ち所がなく、レミー/フィル/ミッキーの破壊力に満ちたアンサンブルに圧倒される。

序盤からオーディエンスの声援は熱い。その熱気でフロア全体が激しく揺れ、演奏すればするほど、ボルテージは高まっていく。
場内に熱気が充満しているせいか、アンコールでレミーはシャツを脱いで、上半身裸で演奏している。(珍しい)

また、MCでは、9.11テロや同年4月に亡くなった友人ジョーイ・ラモーンについて触れており、レミーの「We are all Americans.」という言葉は心に響く。

映像の冒頭2曲はサウンドチェック、ライブ本編は06:22から。

Motörhead, at Great American Music Hall, San Francisco, CA, USA.
We Are Motörhead, Bomber, No Class, Over Your Shoulder, Civil War, Metropolis, R.A.M.O.N.E.S., Shoot You in the Back, God Save the Queen, Born to Raise Hell, Damage Case, Sacrifice with Drum solo, Orgasmatron, Going to Brazil, Iron Fist, Killed by Death. Encore: Ace of Spades, Overkill.

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: モーターヘッド