モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

BABYMETAL 全米39位:保守性と革新性を併せ持ったグループ

BABYMETALが1日にリリースしたアルバム『METAL RESISTANCE』が全米チャートで39位を記録した。
また、今月2日にはイギリスのウェンブリーアリーナでのコンサートを成功させた。

欧米のメタルファン目線で見てみると、このグループはメタルに対する保守性と革新性を併せ持っている。

従来見られなかったスタイル
海外ファンの視点から見ると、「10代の少女3人がボーカル」というスタイルは新鮮な形態だろう。
これまでのメタルシーンに、ガールズバンドや女性ボーカルのバンドは存在したが、「女の子ボーカル3人のグループ」は見当たらなかった。
また、今まではセクシーさを売りにした女性ミュージシャンが目立ったが、彼女たちはそうではなく、「かわいらしい10代の女の子」という点が特徴だ。
メタルと言うと、マッチョでむさくるしいオッサンをイメージするが、彼女たちはその真逆とも言える存在だ。

メタルらしさもキープ
黒と赤
その一方で、メタルの法則もきっちりと守っている。
衣装はメタルのテーマカラーである「黒」と「赤」を用い、ダークさと華やかさが強調されている。
アルバムのアートワークやロゴにもこの色合いが使われている。
メタルにおいて、この黒と赤の組合せは鉄則で、メタルファンの好みを裏切らない、徹底したヴィジュアルイメージが感じ取れる。

フォックスサイン
彼女たちは「キツネ」をシンボルとして用いていて、それをメタルの世界にうまく持ち込んでいる。
メタルでは、ドラゴンやヘビ、スカルや悪魔的なものをシンボルに用いるバンドが多いので、キツネをシンボルにすることは他グループとの違いが強調される。
欧米において、キツネは「美人」や「悪女」を意味し、それらはメタルで好まれてきたシンボルで、女性グループにはうってつけのモチーフだ。
また、彼女たちの得意ポーズである影絵のキツネ「フォックスサイン」が、メタルのメロイックサインに似ていることは言うまでもない。
彼女たちの衣装でもある「キツネ面」は魔術的怪しさを漂わせ、それはメタルファンに好まれる要素だ。

メタル的ライフスタイルは…
他方、メタル的ライフスタイルという点においては、反逆精神や自らの生き方が反映されているとは言い難いかもしれない。果たして10年後、20年後も活動を続けているだろうか。自己実現のためにメタルをやっていると言えるだろうか。ライフスタイルというよりプロジェクトという印象は拭えない。
ただし、本来、メタルは反抗や逸脱に起因していたがその傾向は薄れつつあるので、彼女たちのようなメタルアイドルが受け入れられたのであろう。
(アイドル界における異端的存在という意味では、反逆者なのかもしれない。)

ヘビーメタルをもじったグループ名のベビーメタル、メロイックサインをパロったフォックスサイン、それらはヘヴィメタルを戯画化しているように見える。メタルシーンでは、サウンドはもちろん、アティチュードやライフスタイルが重要視されるため、従来のメタルバンドとは一線を画すべきだと考えるファンも少なくない。

メタルの新しい形
欧米のファンから見ると、「独自のスタイルを持っている」、「他と似ていない」ということは大きな魅力で、これまでの日本のアーティストに欠けていた点だ。
ポピュラーミュージックの中で日本人がオリジナリティーやアイデンティティーを表現することは難しく、和テイストを持ち込めばいいというわけではない。
多くのバンドが、メタルのルールを重要視するがゆえに、同じようなスタイルになってしまう中、アイドルグループという反メタル的要素が彼女たちの大きな特徴となっている、と言えるだろう。これまでとは違ったメタルの新しい形を作ろうとしている。

メタルとは新しいことに挑戦する音楽である。例えば、ブラックサバスは半音下げチューニングを取り入れ、ホラーをテーマとした。モーターヘッドはパンクとハードロックを融合した。ジューダスプリーストはメタルサウンドとブラックレザーを取り入れた。パンテラは新しいメタルサウンドとスケーターファッションを持ち込んだ。彼らはメタルの新しいスタイルを見せた。そのことを考えれば、彼女たちが新しいメタルであることを理解できるだろう。

この他にも、楽曲やバックバンドの演奏技術も魅力のひとつだし、たくさんの魅力があるが、それらはまたの機会に。

2 Comments

Shu  

Re: 衝撃受けました!

■ヘタリカさん
こんにちわ。
欧米ファンの視点から見ると、多くの日本のロックバンドは海外の真似に見えてしまうのでしょうが、BABY METALはそうではなかった点が大きいと思います。
メタルが日本の芸能界流にアレンジされた結果、欧米のファンにとっては「新鮮」で、オリジナリティーを感じるのだと思います。

※5月のAC/DC withアクセル・ローズが楽しみです。7日のポルトガルからヨーロッパ・ツアー開始です。その後、ガンズの再結成ツアーもあります。

2016/04/21 (Thu) 05:24 | EDIT | REPLY |   

ヘタリカ  

衝撃受けました!

アイドル+メタルなんてジョークと思っていました。
ただ、結構な著名人がBABYMETALのライブを観て衝撃を受けました。
私自身もPVを観てその後、ライブを観てびっくりしました。
5万人のイギリス人(?)が「ソレッ」って一斉に踊っているのを観て
彼女らがロック・シーンをかき回すのもアリだな・・・って思いました。
マニアックなファンではありませんが、彼女らの活躍に期待しています。

2016/04/20 (Wed) 21:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: メタル