モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

「ドクターX」におけるテーマ音楽とイメージ:さすらいの一匹狼、大門未知子

ドラマ『ドクターX』を毎回見ている。

主人公の大門未知子は、
手術以外「いたしません」、どんな難しい手術でも「失敗しないので」が口癖、手術を生きがいとするフリーランスの外科医だ。
彼女は自らの姿勢を貫くがゆえに、権威主義的な病院上層部とたびたび衝突する。
しかし、彼女は何も変わることなく、ひたすら我が道を行く。

そんな彼女を効果的に魅せているのがテーマ音楽だ。
映画『続・夕日のガンマン』のテーマ曲「The Ecstacy Of Gold」を思わせるインスト曲で、
特にオープニングなどで流れる口笛バージョンは西部劇を彷彿とさせ、
さすらいのガンマンのような一匹狼のイメージを強調する。
そのテーマ音楽とともに、高層ビルの大学病院の前に立つ大門が映し出され、
それは巨大組織にたったひとりで立ち向かう大門のスタンスを表す。
また、彼女のファッションは強くてカッコイイ女性をイメージしている。
音と映像が合体して、彼女のイメージは効果を上げているといえよう。

本作は病院が舞台だが出世物語ではない。
むしろ、大門と他の医師の価値観の違いを浮き彫りにし、働くことの意味を問いかけている。
一方、大門は手術以外に興味を示さず、コミュニケーションを取ろうともしない、厄介者でもある。
だが、視聴者は、彼女の本音で行動し、金や権力に支配されない姿に憧れるのであろう。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 観てみた