モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

『匪賊の社会史』の著者が死去

歴史家のエリック・ホブズボーム氏が1日、病気のためロンドンの病院で亡くなった。95歳だった。

1969年に発表された『匪賊の社会史』(船山榮一訳、筑摩書房、2011)は、ロビン・フッドをはじめとする各地のアウトローについて書かれており、反逆者としてのメタル・ミュージシャンや、オーディエンスとの関係を考える上でも参考になる。
私も修士論文作成の際、たびたび参考にさせていただいた。

May he rest in peace.

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 読んでみた