モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

ワイルドサイドを歩け、携帯の無い青春、おばさん未満

■ロバート・ハリス『ワイルドサイドを歩け』(講談社、1999)
アウトサイダーとして生きてきた著者の体験について綴られている。旅、ヒッピー、ドラッグ、バリ島、オーストラリア、ギャンブル、文学、女性などのアウトサイダー・エッセイ。著者は、世間体を気にすることなく、自由に自分らしく生きている。アウトサイダー的人生の楽しみ方を教えてくれる1冊。

■酒井順子『携帯の無い青春』(幻冬舎、2007)
バブル世代が過ごした青春時代である80年代について書かれたエッセイ集。アメカジ、ワンレン、プッショホン、竹の子族、ユーミン、TDL、西武グループなど24作品。中でもキティちゃんに関する考察は興味深かった。バブルを知らない世代としては、当時の若者の価値観や生活を知ることができる。

■酒井順子『おばさん未満』(集英社、2008)
40歳という年相応のファッション・アイテムや身体、言動について。本書に限らず、著者は年相応の振る舞いや世間の中で自分がどう見られるかを気にしている。自分自身であり続けるよりも、世間体や空気を読むことに優れている。そういった性格が<30歳以上の未婚=少数派=負け犬>という考え方を生んだのかもしれない。(30歳以上の女性は既婚者であることが多数という世間に対する劣等感)
高校、大学、就職、独立…と順調に人生を勝ち続けてきたので、結婚できないことへの劣等感が強かったのだろう。世間体や空気を読むことに優れているからこそ、自分を客観視し、その理由が見えてしまったのかもしれない。だから、「負け犬」という言葉が浮かんだのだろう。

4 Comments

shuhei  

I'm a loser, that's what they said

★vioさん
『ワイルドサイドを歩け』は、読みやすいですね。
ドロップアウト系お好きなんですね。

酒井さんの考察は鋭いですが、やはり高級負け犬目線かな。
結婚していないだけで、彼女の人生はいわゆる勝ち組ですからね。
長距離走者の孤独とは無縁な生き方でしょう。

今日はモーターヘッドの「Loser」聴いて寝ようっと。

2011/04/07 (Thu) 23:18 | EDIT | REPLY |   

vio  

そうですか、

了解しました。
酒井さんエッセイ、どちらも面白く読みました。人間社会書かせたら持ち味生き生きですよね、この方は。ロバート・ハリスは昔はまって読みながら名前を失念してまして。喉に刺さった小骨のように感じてたら、『ドロップアウトのえらい人』とここでも再遭遇・思い出すことができ、とても嬉しく思っています^^

2011/04/07 (Thu) 21:31 | EDIT | REPLY |   

shuhei  

★vioさん
こんばんわ。
コピペは関係ないと思いますよ。
猥褻な言葉や罵倒語、また意図していなくても、そういう文字列の言葉はNGになります。(例:バカラ、バカンスとか)
お手数ですが、文章を少し変えてみて下さい。

2011/04/07 (Thu) 00:05 | EDIT | REPLY |   

vio  

なぜか

ここの記事にはコメント投稿できないのです(不正投稿とみなす、との表示が)・・・
本文中の書籍名&作者名をコピペしたからでしょうか??

2011/04/06 (Wed) 23:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: 読んでみた