モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

受動喫煙防止条例はライブハウスに影響があるだろうか

 神奈川県では、4月1日から「受動喫煙防止条例」が施行され、学校や病院などの公共的施設では禁煙となり、飲食店やホテルなども禁煙または分煙化されるようです。神奈川県内のマクドナルドやロイヤルホストが全面禁煙にして、話題になっていましたよね。
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/kenkou/tobacco/jorei_index.html

 ということは、神奈川県内のライブハウスにも影響あるのかなーと考えていたら、受動喫煙防止条例についてのサイトで、このような意見がありました。

  <ライブハウス全体が喫煙室と化している。音楽好きな非喫煙者にとっては、非常に覚悟の要る場所となっている。未成年者への影響も大きいため、ライブハウスを全面禁煙とすべき。>
  (「県民意見反映手続(パブリックコメント)の意見例」、5.規制対象について-(7)その他の施設について-4)
http://www.pref.kanagawa.jp/press/0811/073/shiryo.html

確かに、ライブハウスの出演者とお客さんは圧倒的に喫煙者が多いですからねえ。現在のライブハウスが喫煙者を中心とした場であることは事実だと思います。

スモークフリー

 禁煙・分煙化されているライブハウスは極めて少ないですが、私の知る限り、町田CLOVE、高円寺HIGH、下北沢MOSAICでは、フロアが禁煙となっていますね(バー・スペースで喫煙可)。

 喫煙者と非喫煙者の両者にとって居心地のいい空間になればいいんですけどねえ。だけど、ライブハウスはスペースも狭く、密閉された空間だから、難しい問題ですよねえ。

 今後、ライブハウスは、どのようなに対応していくのか注目しましょう。何か変わるのか、何も変わらないのか。ライブハウスも社会問題に取り組むのか、独自の空間であり続けるのか・・・。

2 Comments

shuhei  

★非喫煙者さん
こんばんわ。書き込みありがとうございます。
最近、ライブハウスへ行っていませんが、喫煙問題はどうなんでしょうかね。

私の知る限り、ライブハウスはお客さんも出演者も従業員も喫煙者が多いですし、スペースの問題もありますから、なかなか問題解決はしないと思います。

変わらないこともライブハウスの魅力のひとつですが、ライブハウス以外の娯楽施設と比べた時に、問題点がみえてきますね。(喫煙問題に限らず)
そういった問題が、若者のライブハウス離れを加速させる要因のひとつにならなければいいなと思います。

2011/10/31 (Mon) 01:42 | EDIT | REPLY |   

非喫煙者  

喫煙については健康に害があるのはいうまでもなく、機材にも悪影響があります。
百歩譲って非喫煙者の出演者は我慢するとしても、
非喫煙者のお客様に不快な思いをさせてしまうのはいかがなものでしょうか。
(出演者もライブハウス側から見ればお客様です。非喫煙者のスタッフさんにとっては労働災害です。)
こういうことは音楽以前の話で、サービス業としても失格ではないでしょうか。
ライブハウスは禁煙が常識で喫煙可が非常識になることを願っています。
喫煙者を敵視するわけではありません。非喫煙者への配慮があまりにもなさ過ぎということです。

2011/10/30 (Sun) 17:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ライブハウスを禁煙に!
  •  現在、小規模のライブハウスでは、残念ながら、依然として、禁煙になっていないところが多いようです。音楽は、快適な環境で楽しみたいもの。お酒はともかくとして、たばこは、愛...
  • 2010.10.03 (Sun) 13:40 | 北村正裕BLOG

You may also like

Category: その他