モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

『ギャルとギャル男の文化人類学』に学ぶ

 「ギャルとギャル男」という言葉からチャライ内容を想像するかもしれないが、本書は文化研究書であり、独創的で興味深い研究内容だ。
 著者は元イベント・サークル(以下イベサー)の代表で、その後、大学院に進学し、現在も若者文化研究や学校講師として活躍されている荒井悠介氏。裏表紙には顔写真も掲載されており、美男子である。

 渋谷の若者やイベサー社会が客観的に書かれており、イベサーの活動内容、彼らのライフスタイル、恋愛観、行動などをタイプ別に分析。さらに、金と女、ドラッグ、逸脱した道徳観などの問題点もヴィヴィッドに浮き彫りにし、2003年に起きたスーパーフリー事件についても言及している。

 また、著者は、「サークル活動を社会勉強の場」と捉えており、サークル活動で培われたコミュニケーション能力(礼儀作法、サークルの運営、イベントの企画、交渉、発想力など)が将来のキャリアにどのように役立っているかを論じている。

 本書を読み終わった後、私はサークル活動と著者の荒井氏に深い共感を覚えた。なぜなら、私が経験するバンド活動やローディー活動も社会勉強の場であると考えているからだ。小さいながらもイベサー社会もバンド社会もひとつの社会であるので、将来的にも有効なコミュニケーション能力を養うことができる。
 また、勝手ながら、自らが経験したイベサー社会を研究対象としていることも筆者のヘヴィメタル研究と重なって見え、親近感を持った(著者の荒井氏にとっては迷惑な話だろうが)。


荒井悠介著『ギャルとギャル男の文化人類学』(新潮社、2009)

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: ロードクルー日誌