モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

ジョーイ・ラモーンとモーターヘッド

ラモーンズのボーカリスト、ジョーイ・ラモーン。
2001年4月15日、リンパ腺癌のために49歳で死去した。

モーターヘッドの「R.A.M.O.N.E.S.」(アルバム『1916』収録)は、ラモーンズへの賛歌だ。
ラモーンズ・スタイルのパンクナンバーで、歌詞も彼らについて歌っている。
1996年に行われたラモーンズの解散コンサートでは、レミーがゲスト出演し、この曲が演奏された。
その後、ジョーイが亡くなった後、レミーはこの曲を演奏する際に「ジョーイに捧げる」と言ってからプレイしている。

一方、ジョーイがモーターヘッドのTシャツを着用していたことはよく知られている。
モーターヘッドのライブ・アルバム『エヴリシング・ラウダー・ザン・エヴリワン・エルス』のブックレットでは、ジョーイが彼らへの賛辞を呈している。

モーターヘッドとラモーンズ、レミーとジョーイ、お互いに尊敬の念を抱いていたのだろう。
今夜は「R.A.M.O.N.E.S.」を聴こう。



0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: モーターヘッド