モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

Marshall JCM800

一昔前まで、ギターアンプといえば、マーシャルのJCM800でしたよ。

JCM800

今では、マーシャルもJCM900やJCM2000、JVMなど多くのモデルがありますし、マーシャル以外にもメサ・ブギーやヒュース&ケトナー、ディーゼル、クランクなど多種多様のギターアンプがありますが、昔はハードヘヴィ系の歪むアンプと言えば、800ぐらいしかありませんでした。

しかも、800は音作りが難しいから、いい音を出すのが大変でした。いい音を出しているギタリストがいると、ライブで注目の的でした。あの人の800は改造している、していないなんて噂もありました。

また、個体差も激しかったです。当たり外れがありました。

私も随分と苦労しました。どうやっても薄っぺらなサウンドしか出せませんでした。4インプットのモデルは全く分かりませんでした。

しかし、今では、どのアンプもプラグインしただけで、いい音が出ます。音作りに凝ることも少なくなりました。もちろん、個体差もないので、スタジオでもライブハウスでも、いつでもどこでもいい音が出せます。

その一方で、皆同じような音になったように思います。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: メタル