モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

プチファーブル・熊田千佳慕展:生命の美しさ

松屋銀座で開催されている「プチファーブル・熊田千佳慕展」へ行ってきました。

プチファーブル・熊田千佳慕展

作者は、「プチファーブル」と呼ばれる98歳の画家・熊田千佳慕さんです。
細密画家と言うだけあって、非常に繊細で写実的な絵画です。
小さな昆虫や草花をここまでリアルに描くのですから、その観察力と筆遣いには驚きますね。
拡大鏡で見ているかのようです。しかも筆1本で描いてるそうですよ。

蜂や蝶、バッタに蝉などの昆虫。草花は特別な花ではなく、野に咲く花や草が題材となっています。
この他にも猫や小鳥、クマやライオンなどの動物、絵本の挿絵なども展示されていました。

特に美しかったのは、透明感のある羽や葉、艶のある胴体、繊細な毛や触角、蝶の鱗粉鱗毛まで表現されています。
背景の風景も素敵でした。作品のタイトルもいいですね。

また、単に精密で美しいだけではなく、生命の誕生、成長、産卵、弱者と強者などの場面が描かれており、
生命の美しさ、はかなさ、自然の摂理が表現されています。ここが興味深いですね。

昆虫が苦手だという方も多いかもしれませんが、熊田さんが描く昆虫や植物はどれも美しいです。
熊田さんの昆虫に対する愛情で溢れています。
多くの方が見とれていました。自然が好きな方におすすめの作品ばかりですよ。

13日未明、作者の熊田千佳慕さんはご逝去されました。謹んでお悔やみ申し上げます。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 行ってみた