モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

モーターヘッド初体験から20年(1997年5月31日川崎クラブチッタ)

私が初めてモーターヘッドのコンサートへ行ったのが、1997年5月31日と6月1日の川崎クラブチッタだった。それからちょうど20年が過ぎた。コンサートのことは今でもよく覚えている。開演前に流れていたAC/DCの『Back in Black』、レミーのヒゲがなかったこと、雑誌やビデオで見た通りの黒の衣装と白のブーツ、彫刻が施されたリッケンバッカー、ウォーピッグのバックドロップ、独特の角度が付いたマイクスタンド、ロゴが「No Morals」...

 31, 2017   0
Category  モーターヘッド

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

モーターヘッドとドロップDチューニング

メタルサウンドには流行がある。90年代初め、グランジ/オルタナティブの台頭、あるいはパンテラの成功によって、モダンヘヴィネス系のバンドが急増し、多くのバンドがダウンチューニングを取り入れた。しかし、それによって、誰もが同じようなサウンドとなってしまった。モーターヘッドも『バスターズ』(1993)以降、ドロップDチューニングの曲をたびたびプレイした。同アルバム収録の「ライアー」ではうねるようなヘヴィリフを...

 27, 2017   0
Category  モーターヘッド

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

モーターヘッド 『Everything Louder than Everyone Else』

本日5月21日はモーターヘッドのライブアルバム『Everything Louder Than Everyone Else』が、ドイツ・ハンブルクにあるThe Docksでレコーディングされた日。(1998年)アルバムは全25曲110分収録、レミー(Vo&b)/フィル・キャンベル(g)/ミッキー・ディー(ds)の後期モーターヘッドの魅力をたっぷり凝縮したライブ盤となっている。スピードとパワーを兼ね備えたアンサンブルで、トリオとは思えぬ重厚なサウンドだ。長年のツア...

 21, 2017   0
Category  モーターヘッド

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

『サッカーと愛国』を読んで

清義明『サッカーと愛国』イースト・プレス、2016.日本サッカーのサポーターの政治的/差別的行為をテーマに、日本人の意識の変化や右派との関係を踏まえ、サポーターの言動を調査し、サッカーとナショナリズムについて考える。とりわけ、旭日旗の問題については興味深く、欧州におけるナチスのシンボルを例に挙げ、このまま旭日旗をスタジアムで使い続ければ、今後大きなトラブルへと発展する恐れがあると警鐘を鳴らす。そこには...

 19, 2017   0
Category  読んでみた

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

motörheadのロゴ制作者、報酬は30ポンドだけだった

今月創刊された「Planet Rock Magazine」によると、モーターヘッドのロゴ制作者(ウォーピッグではなく、フォントロゴの作者)は報酬として30ポンドしかもらっていないという。そのインタビュー記事が同誌のウェブサイトに掲載されている。以下、拙訳で紹介する。http://www.planetrock.com/news/rock-news/creator-of-the-iconic-motorhead-logo-reveals-he-only-got-paid-a-30-fee/*モーターヘッドのデビューLPのために象徴的な...

 14, 2017   0
Category  モーターヘッド

表紙はモーターヘッド、英Planet Rock Magazine創刊

イギリスの音楽誌「Planet Rock Magazine」が12日に創刊され、モーターヘッドのウォーピッグが表紙を飾った。創刊号ではモーターヘッドが特集され、17ページにわたり、バンドのヒストリーを紹介。さらに元メンバーであるファスト・エディ・クラークの新インタビューを掲載。表紙はミラー加工がされ、メタリックなデザインとなっている。他には、デフレパード、ガンズ・アンド・ローゼズ、エアロスミスの スティーヴン・タイラーを...

 13, 2017   0
Category  モーターヘッド

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ヘッドキャットに新メンバー加入 元モービッドエンジェル

レミーが参加していたロカビリーバンド、ヘッドキャットは新メンバーとして、モービッドエンジェルの元メンバーのデヴィッド・ヴィンセントが加入することを公式SNSで発表した。レミー他界後、残されたバンドメンバーであるスリム・ジム(ds)とダニー・B・ハーヴェイ(g)は17年以上前にレミーと始めたこのバンドを存続させることを決意し、新メンバーとしてデヴィッド・ヴィンセントを迎えた。デヴィッドはベース&ボーカルとし...

 08, 2017   0
Category  モーターヘッド

レインボーバーに「レミー」の壁画アート

モーターヘッドの公式YouTubeチャンネルは4日、ショートドキュメンタリー映像「The day Lemmy went back to the Rainbow」を公開した。これはレインボーバーの建物の壁面に描かれたレミーの肖像画の制作を追ったドキュメンタリー映像。レインボーバーは生前レミーが行きつけにしていた店として知られ、昨年8月にはレミーの銅像が設置された。...

 07, 2017   0
Category  モーターヘッド

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

レインボーバーのオーナーが死去

米ロサンゼルスのウェスト・ハリウッド、サンセット大通りにあるレインボーバー&グリル、ウィスキーアゴーゴー、ザ・ロキシーのオーナーであるマリオ・ マグリエリ氏が4日(現地時間)、94歳で亡くなった。マリオ氏はサンセットストリップのロックシーンに貢献したことで知られている。ロックのメッカであるサンセットストリップで名門ライブハウスやバーを経営。同店はドアーズ、モトリークルー、ガンズ・アンド・ローゼズといっ...

 06, 2017   0
Category  メタル

レミー出演映画『ハードウェア』廉価DVDが7月発売

映画『ハードウェア』(1990)の廉価DVDがキングレコードから7月5日に発売される。モーターヘッドのレミー・キルミスターは、リバータクシーの運転手役で本作に出演している。本DVDはオリジナル英語音声に加え、日本語字幕と日本語吹き替えを収録。さらに特典映像としてイギー・ポップやレミーのプロモ映像が収録される。価格は2.500円(税別)。http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKIXF-4111/...

 05, 2017   0
Category  モーターヘッド

モーターヘッド「Overkill」掲載 『ヘドバン・スピンオフ ヘドバン的メタルの古典100枚』

メタル誌「ヘドバン」によるディスク・ガイドシリーズ第3弾ムック『ヘドバン・スピンオフ ヘドバン的メタルの古典100枚:1967-1979』が先月19日にシンコーミュージックから発売された。タイトル通り、1967年から1979年までにおける、メタルのルーツとなったハードロックの古典的アルバム100枚を紹介。レミーがローディーをしていたジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスの『アー・ユー・エクスペリエンスト?』から始まり、ハード...

 02, 2017   0
Category  モーターヘッド

【motorheadライブ動画】1980年ノッティンガム公演

 モーターヘッドのライブ映像の中でも、特に傑作として知られているのが「Rockstage」だ。 これは1981年4月にTV放送されたもので、前年8月20日に英ノッティンガムのシアターロイヤルで行われたライブ(「Bomber」ツアー)の模様を収録。全10曲35分。  オープニング、戦闘機のエンジン音が鳴り響く中、ボマー型照明装置が上昇を開始する。ボマーのライトがステージ上空を彩り、フィル・テイラーのツーバス連打で「Overkill」がス...

 01, 2017   0
Category  モーターヘッド