モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

『極悪レミー』 一周忌 追悼レイトショーが決定

昨年12月28日にがんのため他界したモーターヘッドのレミー・キルミスター(享年70)。彼に密着したドキュメンタリー映画『極悪レミー』(2010年)の一周忌追悼上映が決定した。レミーの誕生日である12月24日(土)から30日(金)までシネマート新宿にて上映される。大阪シネ・リーブル梅田と名古屋シネマテークでも、12月28日(水)に上映予定。また、ブルーレイ『極悪レミー』が新たなアートワークで、追悼盤として12月28日にキン...

 31, 2016   0
Category  モーターヘッド

FASTWAY、全英ツアースタート 「エース・オブ・スペーズ」も披露

ファスト・エディ・クラーク率いるファストウェイは28日、英ニューキャッスルのO2アカデミーでコンサートを行い、サクソンやガールスクールとの全英ツアーをスタートさせた。まず、ステージにはガールスクールが登場し、「Emergency」を含む6曲を披露した。ボーカル&ギターのキムが着ていたモーターヘッドTシャツにはレミーとフィル・テイラーがプリントされていた。フロアから野太い声援が飛ぶ中、黒の衣装に身を包んだファスト...

 29, 2016   0
Category  モーターヘッド

ドラゴンクエスト30周年:冒険、成長、人と人の関わり

 TVゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの第1弾が1986年5月にリリースされてから今年で30周年を迎えた。 本シリーズは、プレイヤー自身が主人公となり、世界を脅かす魔王を倒すために壮大な冒険物語を紐解いていく、というロールプレイングゲームだ。その魅力は、ストーリー、キャラクター、音楽、ゲームシステム、制作方法など、さまざまな要素が考えられるが、作者堀井雄二氏が意図したものは何だろうか。それは「ドラゴンクエ...

 28, 2016   2
Category  書いてみた

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

レミー出演映画まとめ

モーターヘッドの故・レミー・キルミスターは、これまでいくつかの映画に出演したことがある。それらをまとめてみた。・『金持を喰いちぎれ』(1987)レミーの役は「スパイダー」というスパイ/アウトローでちょこちょこ出てくる。パーティー会場での「ドクターロック」演奏シーンは見どころのひとつ。主題歌はモーターヘッドの「イート・ザ・リッチ」。映画のサウンドトラックもある。・『ハードウェア』(1990)リバータクシーの...

 26, 2016   0
Category  モーターヘッド

レミーがフィギュア化、FUNKOのキャラクターフィギュア「POP!」シリーズに登場

世界中で大人気のファンコ社がリリースする「POP!」シリーズに、モーターヘッドのレミーが登場。コワモテのレミーがキュートなデザインで、全高約9センチのソフトビニール製フィギュアとして立体化。レミーのリッケンバッカーのベース、タトゥー、ハット、ブーツも再現されている。パッケージは、そのまま飾れるウィンドウボックス仕様。すでに海外では販売されており、日本では11月発売予定。https://funko.com/products/pop-rock...

 23, 2016   0
Category  モーターヘッド

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ラウパーのM:Motorhead is over

国内最大級のメタルフェス「LOUD PARK 16」が8日と9日に開催された。今年の春ごろ、その出演者に「Mが出る」という噂があった。そのため、一部のファンの間で「Motorheadが出るのでは」という憶測がSNSなどで飛び交っていた。昨年12月末にモーターヘッドのフロントマンであるレミー・キルミスターが亡くなり、バンドは活動終了を宣言した。したがって、今後「モーターヘッド」として活動することはないだろう。いつか同窓会のよう...

 21, 2016   0
Category  モーターヘッド

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

Phil Campbell and the Bastard Sons、欧州ツアー開始

モーターヘッドの元メンバーでギタリストのフィル・キャンベル率いる「Phil Campbell and the Bastard Sons」は18日、ベルギーのブリュッセルでコンサートを行い、ツアーをスタートさせた。バンドは、ベルギーのブリュッセルにあるMagasin 4にて、モーターヘッドの「Killed By Death」や「Ace of Spades」、ホークウインドの「Silver Machine」を含む、全17曲を披露。約60分のパフォーマンスでファンを魅了した。このツアーは、ベ...

 20, 2016   0
Category  モーターヘッド

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

【Motörhead】『Overnight Sensation』 20周年

 モーターヘッドの13作目となるスタジオアルバム『オーヴァーナイト・センセイション』(Overnight Sensation)が1996年にリリースされてから今日10月15日で20年を迎える。 前作『サクリファイス』(1995年)がリリースされた後、ギタリストのワーゼルが脱退し、バンドはレミー(vo/b)/フィル・キャンベル(g)/ミッキー・ディー(ds)のトリオ編成になった。ツインギターの4人編成もよかったが、モーターヘッドというバンドは...

 15, 2016   0
Category  モーターヘッド

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

英ヨーク特集 NHK・BSプレミアム「世界ふれあい街歩き」

NHK・BSプレミアムで11日に放送された、旅番組「世界ふれあい街歩き:城壁と不思議の街ヨーク」。今年1月に渡英した際、ヨークへ行ったので、番組で取り上げられたスポットを紹介。ローマ 時代に造られた城壁ヨークは歴史的に有名な街で、中でもローマ時代に造られたという「城壁」がよく知られており、城壁を散策するのが定番のコース。周囲4.5km城壁は街を囲むように造られているので、散策しながら、美しい街並みをさまざまな角...

 14, 2016   0
Category  行ってみた

ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞、文学の新たなるジャンル

歌手のボブ・ディランにノーベル文学賞が授与されると13日に発表されたが、これを受けて、ネット上ではさまざまな声が上がった。受賞理由は「偉大なアメリカンソングの伝統の範囲内で、新しい詩的な表現を創造してきた」とのことで、歌手が同賞を受賞するのは初めてのことだという。これによって、歌詞が文学のひとつとして認められたと言えるだろう。現代において、「文学」というものは幅広く捉えるべきだ。「文学」とは文字を創...

 13, 2016   0
Category  書いてみた

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

【驚きの明治工藝展】自在置物、今にも動きだしそうなリアルさと金属の美しさ

東京藝術大学大学美術館で開催中の「驚きの明治工藝展」は興味深かった。「自在置物」とは、明治の甲冑師の手によって作られた動物の置物で、しかもそれらは胴や手足などを動かすことができる。今で言う「可動フィギュア」の先駆けのようなものだ。龍の影を使った展示展示室に入ると、正面に天井から吊るされた全長3メートルの「自在龍」が迎えてくれる。天から降りてきたような龍と、その影を壁や天井に映し出すことで、幻想的な...

 12, 2016   0
Category  行ってみた

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

蠍団 大阪公演でも「オーバーキル」

来日中のスコーピオンズは11日、大阪国際会議場メインホールでライブを行った。バンドは代表曲「ダイナマイト」や「ハリケーン」を含む全17曲をパフォーマンスし、来日ツアーは幕を閉じた。今回のセットリストでは、モーターヘッドの故レミー・キルミスターに捧げる「オーバーキル」やミッキー・ディーのドラムソロが披露された。これは他国でも行われているが、レミーの葬儀や追悼イベントに参加できなかった日本ファンにとって、...

 11, 2016   0
Category  モーターヘッド

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

レミーがラウパーに降臨!? 蠍団 ラウパーで「オーバーキル」 ウリも登場!

来日中のスコーピオンズは8日、さいたまスーパーアリーナで開催されたメタルフェス「ラウドパーク16」に出演し、レミー追悼の「オーバーキル」を披露した。ステージ後方の大型モニターに、昨年末に他界したレミーの姿が映し出されると、会場からは大きな歓声が沸き起こった。そのままドラムソロに突入し、元モーターヘッドのドラマーであるミッキー・ディーはパワフルかつタイトでガッツ溢れるドラミングを日本のファンに見せた。...

 08, 2016   0
Category  メタル

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

蠍団 東京公演で「オーバーキル」

スコーピオンズは6日、東京のお台場にあるダイバーシティ東京でライブを行った。約1時間50分に及ぶセットリストで、70年代メドレーやアコースティックメドレー、「荒城の月」、そして、モーターヘッドの「オーバーキル」とミッキー・ディーのドラムソロを含む全16曲が披露されたという。噂されていたウリ・ジョン・ロートとの共演はなかったので、ラウパーで奇跡の共演が実現か!?バンドは8日にラウドパーク(さいたまスーパーア...

 06, 2016   0
Category  モーターヘッド

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

サクソンの『デニム・アンド・レザー』が35周年

「ダム(NWOBHMのブーム)が爆発し始めた79年、あなたはどこにいたか」(Where were you in '79 when the dam began to burst?)このフレーズはNWOBHMを代表するバンド、サクソンの代表曲「デニム・アンド・レザー」で最初に歌われるフレーズだ。彼らの4thアルバム『デニム・アンド・レザー』(Denim And Leather)が1981年にリリースされてから、本日10月5日で35年を迎えた。メタルファンはブラックレザーのライダースジャケット...

 05, 2016   0
Category  メタル

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

【ファッションチェック】MADMAXイモータン・ジョー、典型的な独裁者ファッション

映画『MADMAX:怒りのデスロード』の舞台となるのは、文明が滅び、荒廃した世界。そのような絶望的な世界において、人は「生きる」ことに対して貪欲である。また、そうした状況下では欲求に対してストレートに生きるようになるため、秩序は失われ、弱肉強食の世界となる。その世界を支配しているのがイモータン・ジョーだ。彼のファッションには独裁者の典型例が表れている。マスクとボディアーマー彼は大気や空気の汚れを嫌い、空...

 03, 2016   0
Category  観てみた

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

フィル・キャンベル、11月にEPリリース

モーターヘッドの元メンバーでギタリストのフィル・キャンベル率いる「Phil Campbell and the Bastard Sons」は先月30日、新曲「Big Mouth」のリリックビデオを公式YoutuTubeチャンネルで公開した。軽快なロックナンバーで、近年のモーターヘッドを思わせるキャッチーな1曲だ。これは11月18日にリリースされるEPからの先行曲で、同EPには5曲(01.Big Mouth, 02.Spiders, 03.Take Aim, 04.No Tuning Back, 05.Life in Space)が収...

 01, 2016   0
Category  モーターヘッド