モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

2011年6月を振り返る

七変化草ハナアオイ桜の実夏草青葉夏の夕暮国芳展-太田記念美術館モーターヘッドの日(初来日記念日、『極悪ライヴ』30周年)...

 30, 2011   0
Category  その他

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

アイ・アム・オジー

オジー・オズボーンの自伝本『アイ・アム・オジー』(迫田はつみ訳、シンコー・ミュージック、2010)。前半は、バンド結成前の不良少年時代からブラック・サバス時代。酒、ドラッグ、セックスのロックンロール・ライフな内容。ヘヴィメタル誕生の背景を知る上で、60年代のバーミンガムや労働者についての記述は興味深い。後半は、ソロ時代、「自殺志願」裁判、コウモリ事件やアラモ事件、ジ・オズボーンズなどについて。ランディ・...

 29, 2011   2
Category  メタル

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

No Sleep 'til Hammersmith 30th Anniversary

In June 1981, Motorhead's No sleep'til Hammersmith was released in UK.It became a big hit and enter the album charts at No. 1.It was unbelievable that it these violently album became No.1. That's a crazy!...

 28, 2011   0
Category  モーターヘッド

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

motörhead 『極悪ライヴ』30周年

モーターヘッドのライブアルバム『極悪ライヴ』(No sleep'til Hammersmith)がリリースされてから30年を迎える。本作は、発売と同時にイギリスのナショナル・チャート1位を記録。まさにモーターヘッドの人気が頂点に達した瞬間であった。今聴くとスラッシュメタルの原点的サウンドを感じるが、当時はNWOBHMの真っ只中で、ヘヴィメタルというジャンルがやっと形になったばかりのころだった。そのようなメタル創生期(リスナーの耳...

 27, 2011   2
Category  モーターヘッド

モーターヘッドの日-Motorhead first came to Japan in 1982.

本日6月26日は、モーターヘッド初来日の日。レミーイズム伝来の日とも言えるだろう。When Motorhead first came to Japan in June 1982, Japanese was very excited. (See Lemmy Kilmister, White Line Fever, p.164.)At that time, the Lemmyism attitude throughout Japan.Unfortunately, most Japanese people could not see Fast Eddie Clarke in Japan, because he left the band few dayks ago. And then Twenty-five years ...

 26, 2011   0
Category  モーターヘッド

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

夏草

いつの間にか夏草が伸び、生い茂っています。Summer grass growing luxuriantly....

 24, 2011   0
Category  花鳥風月

フーファイターズのライヴにレミーが飛び入り、「Shake Your Blood」を共演

土曜日(6月18日)、独ベルリンで開かれたフー・ファイターズの公演にモーターヘッドのレミー・キルミスターがゲスト出演した。レミーはショウ後半、ステージに登場。デイヴ・グロールとハグを交わした。その後、デイヴのメタルプロジェクトアルバム『PROBOT』に収録されている「Shake Your Blood」をパフォーマンスした。...

 23, 2011   0
Category  モーターヘッド

The Head Catの新作、7月5日発売

The Head Catの新作『Walk The Walk . . . Talk The Talk』。発売日が7月5日発売に変更された。...

 22, 2011   0
Category  モーターヘッド

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

夏至-夏の夕暮れ

1年中でいちばん昼が長い日。でも、梅雨真っ只中なのであまり実感がないですね。...

 21, 2011   0
Category  花鳥風月

レミー登場「ロック史最強のアウトロー50人」 - 『CROSSBEAT 8月号』

シンコーミュージック・エンタテイメントの月刊音楽誌「CROSSBEAT」。その最新号となる2011年8月号では、特集「ロック史最強のアウトロー50人」を掲載。その中でモーターヘッドのレミー・キルミスターも堂々のランクイン。「紳士的な一匹狼」として紹介されています。(55ページ)シド&ナンシーとのスリーショット写真もあり。...

 20, 2011   4
Category  モーターヘッド

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

桜の実

かわいらしい小さな実。熟してきましたね。桜の実からも雨が滴ります。...

 18, 2011   0
Category  花鳥風月

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

落合

子供の頃のベースボールヒーローはランディ・バース選手で、大人になってから好きなったのは落合選手(監督)。どこにも属さない野武士的生き方はもちろん、型破りで、独創的な考え方、俺流スタイルを貫く姿勢にも惹かれる。落合イズムはレミーイズムとも重なる。素敵な家族愛も魅力的。歌もうまい。...

 17, 2011   2
Category  その他

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

バース

私が小学生だったころのヒーローは、阪神タイガースのランディ・バース選手。ホームランをガンガン打つパワフルな姿にシビれた。今思えば、私がヒゲのワイルドな風貌に憧れるのはバースの影響かもしれない。レミー、ザック、ビリー・ギボンズ、スタン・ハンセン・・・。...

 16, 2011   0
Category  その他

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

エンジェルズ関連本

HA関連本。翻訳化されているものを紹介。■『ヘルズ・エンジェル』(ラルフ・“サニー”・バージャー、キース・ツィンママン、ケント・ツィンママン著、小林宏明訳、無名舎、2001)アウトローバイカー界のゴッドファーザー、HAMC総裁の自伝。少年時代からエンジェルズ結成、事件や各幹部の逸話、バイク、女性、獄中生活、ガン手術などについて書かれている。中でもエンジェルズ誕生の経緯や60年代の活動についての記述は興味深い。エ...

 15, 2011   2
Category  読んでみた

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

changing uniforms

In June, company workers change to cool summer uniforms. Students change from winter to summer uniforms.I wearing Motorhead t-shirts everyday....

 14, 2011   0
Category  花鳥風月

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ハナアオイ

ハナアオイ 梅雨空の下 咲き広がる。...

 13, 2011   0
Category  花鳥風月

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

あじさい

梅雨真っ只中。アジサイの花盛り。...

 12, 2011   0
Category  花鳥風月

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

Profane Culture (Paul E. Willis):反逆者たちの文化

「Profane」とは、「神を汚す、冒涜的な」とか「神聖でない、不浄な」などを意味する。■『Profane Culture』(Paul E. Willis、Routledge Falmer、1978)イギリスの落ちこぼれ少年を分析した『ハマータウンの野郎ども』(熊沢誠、山田潤訳、ちくま学芸文庫、1996)で知られている社会学者ポール・E. ウィリスの原点的研究書。本書は、1969年のブリティッシュ・バイカーグループとヒッピー集団を密着取材し、イギリスの伝統的な価値...

 11, 2011   0
Category  読んでみた

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

『ノー・リモース』の革ジャケ

『No Remorse』の革ジャケを入手。カセットテープも革ジャケがあったんですね。側面の「モーターヘッドはあなたの隣人の聴力にひどいダメージを与えます。」という注意書きも最高!Arigatou to MHB James....

 10, 2011   2
Category  モーターヘッド

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

国芳展-前期・豪快なる武者と妖怪

太田美術館で開催中の「国芳」展へ行く。武者絵と妖怪画特集ということで、彫り物の題材となっている作品も多かった。三枚続のパノラマ画面に広がる巨大な髑髏、アウトローを描いた水滸伝シリーズなど、国芳の空想世界を観てまわった。力強い武者とおどろおどろしい妖怪の美しさに癒されたひととき。http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/...

 09, 2011   2
Category  行ってみた

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

speed off into the sunset

The days get longer day by day.Run toward the sunset....

 08, 2011   0
Category  花鳥風月

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

100万分の1曲-0.0001%

auのスマートフォンでは、洋楽を中心とした約100万曲が聴き放題になるサービスが始まるそうだ。ま、私が聞きたいと思う曲は少ないだろうし、あれこれ聴きたいとも思わない。私にとっては100万曲あっても200万曲あっても意味はない。必要なのは「エース・オブ・スペイズ」だけということだ。The only card I need is the Ace of spades....

 07, 2011   2
Category  モーターヘッド

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

芒種-蟷螂生

芒種。梅雨→恵みの雨→樹木の生長→湿気も覆い→虫の発生(蟷螂生)→獲物を狙う鳥や猫もやって来る。...

 06, 2011   0
Category  花鳥風月

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

モーターヘッド新曲「I Know How to Die」MV公開

モーターヘッドの新曲「I Know How to Die」のMVが公開された。...

 05, 2011   0
Category  モーターヘッド

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

『ヘルズエンジェルズ』(ハンター・S・トンプソン):1%のはぐれ者

ヘヴィメタルとバイカーのライフスタイルには、同じような価値観が感じられる。1966年に発表された、『ヘルズエンジェルズ』は、アメリカのアウトローバイカー集団、ヘルズ・エンジェルズに潜入し、その実態を明らかにする。本書は、ならず者ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンのデビュー作。後半部分では、エンジェルズを通して、アメリカ社会の問題点を浮き彫りにしている。彼らの人生観や「Loser」と「Outlaw」の差異につ...

 04, 2011   0
Category  読んでみた

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

Rainy season

In the beginning of June, the rainy season comes.The rainy season in Japan comes before real summer.At thi time it's muggy and unpleasant....

 03, 2011   0
Category  花鳥風月

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

開港記念日-The anniversary of opening the port

今日は横浜開港記念日。152年前、横浜は100世帯ぐらいの漁村だったそうですよ。The port of Yokohama was finally opened in 1859.It was a quiet fishing village of about 100 houses....

 02, 2011   0
Category  その他

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

6月

夏の気配が漂ってきましたね。どんよりとした梅雨空が続きますが、今日はスカッと晴れましたね。...

 01, 2011   0
Category  花鳥風月