FC2ブログ

モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

2011年4月を振り返る

写真で振り返る4月。春爛漫桜花爛漫おたんじょうかいゴーカイジャー・ショー4月も終わり、春から夏へ。...

 30, 2011   0
Category  その他

BASARA、ヤンキー文化論序説

日本独自のカウンターカルチャーであるヤンキー文化について読んでみた。■『BASARA』(天明屋尚著、美術出版社、2010)BASARAとは、画家・天明屋尚によるプロジェクト。本書は、『美術手帖』2009年9月号の特集「アウトローの美学」を基に展開した「BASARA」展の図録。中世の婆娑羅や戦国時代の傾奇者、江戸時代の男伊達、彼らの美意識がどのような形で現代に受け継がれているのかを探る。戦国時代の甲冑、工芸品、建築物、浮世絵、現...

 27, 2011   2
Category  その他

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ゴーカイジャー・ショー:ヒーローという存在

ゴーカイジャー・ショーに行ってきました。シアターGロッソの特殊ステージをフル活用したアクション、緊張と緩和の織りなすストーリー、どの席からでも観やすい専用劇場、私が子供の頃に観たヒーローショーとは比べ物にならないエンターテイメント性の高いショーでした。憧れのヒーローに会うことができて、甥っ子ちゃんの夢も叶ったでしょう。私がレミー将軍やザック師匠に会った時と同じかな。ヒーローという存在が自分を励まし...

 26, 2011   0
Category  その他

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

アラン・シリトーの一周忌

25th April, first anniversary of Alan Sillitoe's death.I knew what the loneliness of the long-distance runner running across country felt like.May he rest in peace....

 25, 2011   2
Category  その他

女子マネージャーの志望動機

新入生も学校に慣れてきて、サークルに入部する季節となりました。いつものように電車に乗っていると、隣の女子大生2人組が話し始めました。A子「Cちゃんっているじゃん、あの子、サッカー部のマネージャーやるんだってよ」B子「なにそれ、絶対、男狙いだよねー」A子「絶対、男だよ。いい男いなかったら辞めるってさ」眠たくても、嫌われても、年を取ってもやめられない趣味を選んで欲しいものですね。...

 24, 2011   2
Category  その他

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

高校中退から19年

今の自分の人生は、高校を中退した日から始まった。高校1年の10月、通っていた高校を辞めた。「教師が正義」、「教師がルール」といった校風で理不尽なことも多く、個人の尊厳などないに等しかった。学校や教師に対する不信は増した。まあ、生徒数も多く、男子校だったので、先生も力を入れていたのだろうが、高圧的な態度であった。そんな学校生活の中で、怒りや不満を募らせる毎日を過ごした。そして、悩んだ末に学校を辞めた。...

 23, 2011   1
Category  その他

『週刊朝日』-「ドン小西のイケてるファッションチェック」

週刊誌も読まないし、流行のファッションに興味もないし、ドン小西さんのファンでもない。しかし、『週刊朝日』に連載中の「ドン小西のイケてるファッションチェック」は興味深い。俳優、スポーツ選手、政治家などの着こなしを採点するのだが、ブランドや流行、オシャレ度やダサさ、スタイルなどで評価するのではない。服装が、その人の個性や性格、どのような心理を表しているのかを読み取り、解説している。自己理解が深いと、自...

 22, 2011   4
Category  その他

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ヘッドキャットのニューアルバム、6月リリース

モーターヘッドのレミー、ストレイ・キャッツのスリム・ジム、ザ・ロカッツのダニー・B・ハーヴェイによるロカビリーバンド「The Head Cat」。彼らのニューアルバム『Walk the Walk...Talk the Talk』が、6月21日にリリースされる。映画『極悪レミー』の予告編に使用されたオリジナル曲「American Beat」をはじめ、エディ・コクランやチャック・ベリーなどの往年のロックンロールナンバー全12曲収録。...

 17, 2011   -
Category  ヘッドキャット

ギタリストDEKAPANさん

春になると、なぜか昔の曲が頭の中で流れてきます。ということで、アン・ルイスさんの「六本木心中」と「あゝ無情」に夢中な今日この頃。早速コピーしようと思い、アンさんのコンサート映像を視聴。すると、バックバンドのギタリストに目が留まりました。ド派手なバンドメンバーとは対照的に、長髪とヒゲ、Tシャツにレスポールという飾らないスタイル。その姿はビリー・ギボンズやテッド・ニュージェントを彷彿とさせます。サウン...

 16, 2011   0
Category  メタル

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

東日本大震災から1ヶ月:モーターヘッド・ブラザーフッド

東日本大震災から1ヶ月が経ちました。とても長い1ヶ月間でした。地震と大停電、原発事故と風評被害、混乱、不安、そして、季節は冬から春へと変わり・・・。その間、私の励みとなったのが、海外の友人からの言葉です。地震直後から、イギリスをはじめアメリカ、イタリア、ドイツ、スペイン、スイス、ロシア、ユーゴスラビア、オーストラリアなどの友人から励ましや心配の言葉を頂き、心から感謝します。モーターヘッド・ブラザーフ...

 11, 2011   -

少年院ロックシンガー、エグザイルス

■『少年院ロックシンガー』(和気優著、青志社、2009) バイクに跨りアコギ一本背負って全国の少年院を回る著者のツアー日誌。 過酷な少年時代を過ごし、ミュージシャンや音楽プロデューサーを経て、レストラン・オーナーとなった著者は、旧友が殺人を犯したことをきっかけに再び音楽と向き合い、少年院をツアーする。 ステージも照明も音響もない少年院でのライブには、他では味わえない本音と本気があるという。孤独、疎外、...

 07, 2011   2
Category  その他

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

レミーイズム-頑強と自己理解

モーターヘッドのレミー・キルミスターは御年65歳にして、年間100本近くのワールドツアーを行い、演奏と移動を繰り返す。その間、レコーディング作業やプロモーション活動も行う。演奏や移動における肉体的疲労、フロントマンとしての気苦労も絶えないはずだ。しかし、レミーは、ツアーやアルバム制作を止めない。例えどんな調子であろうとも弱音を吐くことはないし、ひたすらに目の前の困難に立ち向かう。その姿勢はタフであるが...

 04, 2011   0

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

レミー宅のキッチン

映画『極悪レミー』、レミーの自宅場面。たくさんのステッカーが貼られたキッチンの壁には、TYSON Zのステッカーもある。(33:27)それにしても、レミーの調理と食事シーンは貴重。彼は食事する姿を他人に見せたがらない。...

 03, 2011   2
Category  映画