モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ウォーピッグ発見!? 川崎市岡本太郎美術館

桜の季節、川崎の生田緑地へ。なんと、そこでモーターヘッドのウォーピッグを発見!?いいえ、これは岡本太郎先生作「樹霊 Ⅰ」という作品です。川崎市岡本太郎美術館の前にあるカフェテリアTAROの横に展示されています。http://www.taromuseum.jp/...

 27, 2018   0
Category  行ってみた

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

「超絶技巧!明治工芸の粋」:超絶技巧のDNA、ルーツと進化

三井記念美術館で開催中の「超絶技巧!明治工芸の粋」へ行った。七宝、金工、牙彫、木彫、陶磁、自在などの明治工芸と現代作品が展示され、日本美術における「超絶技巧のDNA」がどのように引き継がれているのか、その「ルーツと進化」を観ることができる。とりわけ、若い作家の作品が多数展示されていた。ここに展示されているのは、素材や方法は異なるが、どれも人が作ったとは思えないほど繊細で写実的な作品である。主に動植物...

 10, 2017   0
Category  行ってみた

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

英ヨーク特集 NHK・BSプレミアム「世界ふれあい街歩き」

NHK・BSプレミアムで11日に放送された、旅番組「世界ふれあい街歩き:城壁と不思議の街ヨーク」。今年1月に渡英した際、ヨークへ行ったので、番組で取り上げられたスポットを紹介。ローマ 時代に造られた城壁ヨークは歴史的に有名な街で、中でもローマ時代に造られたという「城壁」がよく知られており、城壁を散策するのが定番のコース。周囲4.5km城壁は街を囲むように造られているので、散策しながら、美しい街並みをさまざまな角...

 14, 2016   0
Category  行ってみた

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

【驚きの明治工藝展】自在置物、今にも動きだしそうなリアルさと金属の美しさ

東京藝術大学大学美術館で開催中の「驚きの明治工藝展」は興味深かった。「自在置物」とは、明治の甲冑師の手によって作られた動物の置物で、しかもそれらは胴や手足などを動かすことができる。今で言う「可動フィギュア」の先駆けのようなものだ。龍の影を使った展示展示室に入ると、正面に天井から吊るされた全長3メートルの「自在龍」が迎えてくれる。天から降りてきたような龍と、その影を壁や天井に映し出すことで、幻想的な...

 12, 2016   0
Category  行ってみた

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

【英リーズ】王立武器博物館に行きました:鋼鉄の魅力に圧倒される空間

イギリスへ旅行した際、リーズにある王立武器博物館(The Royal Armouries)へ行った。中世の武器を中心に、銃、刀剣、甲冑が展示されており、人間と武器の歴史を見ることができる。まず、入ると、2500点以上の甲冑や刀剣が飾られた「Hall of Steel 」(鋼鉄の玄関ホール)が出迎えてくれる。これが圧巻の光景!館内には多数の甲冑が展示されているが、中でも存在感を放っていたのが、博物館のシンボルにもなっている「ヘンリー8世...

 22, 2016   0
Category  行ってみた