モーターヘッドバンガーズの日記

英ロックバンドmotörheadに関する最新情報やレビューを掲載。メタルのライフスタイルを読むブログ。

【motörhead】『マーチ・オア・ダイ』25周年



モーターヘッドの10枚目のスタジオアルバム『マーチ・オア・ダイ』(March ör Die)がリリースされてから25周年を迎えた。

メジャーレーベルからの2枚目のアルバムということで、販売拡大のテコ入れが図られた。
オジー・オズボーンやスラッシュがゲスト参加したバラード曲「アイ・エイント・ノー・ナイス・ガイ」、テッド・ニュージェントのカバー「キャット・スクラッチ・フィーヴァー」、映画『ヘルレイザー3』のテーマ曲「ヘルレイザー」が収録され、話題となった。ミドルテンポの楽曲が多く、聴きやすいサウンドが特徴だ。

しかしその反面、彼らの持ち味であるスピード感や荒々しさに欠けるため、ファンの間でも賛否が分かれた。
また、レーベルからのサポートを受けられず、アルバムのプロモーションは思ったように行われなかった。
それらのフラストレーションは、次作『バスターズ』で爆発することとなる。

本作のレコーディングをきっかけに、ドラマーのフィル・テイラーが解雇され、バンドは新ドラマーとしてミッキー・ディー(元キング・ダイヤモンド、ドッケン)を迎えた。ただし、ほとんどの曲でトミー・アルドリッチ(元オジー・オズボーン・バンド、ホワイトスネイク)がプレイしており、ミッキーは「ヘルレイザー」のみの参加となった。「アイ・エイント・ノー・ナイス・ガイ」はフィル・テイラーが叩いている。
ミッキーの実力はアルバムリリース後のツアー、そして、次作『バスターズ』や『サクリファイス』で発揮されたのだった。

【関連記事】
motörhead 『極悪ライヴ』30周年
モーターヘッド『BASTARDS』が20周年:90年代モーターヘッド
モーターヘッド、『サクリファイス』から20年:モーターヘッド流ヘヴィネス
「エース・オブ・スペーズ」リリース35周年:ジャンルを超えたオリジナル
モーターヘッド『ORGASMATRON』30周年
【Motörhead】『Overnight Sensation』 20周年
モーターヘッド『アナザー・パーフェクト・デイ』

2 Comments

Shu  

Re: タイトルなし

■パナマハットさん
こんにちわ。
確かにモーターヘッドとオジーをミックスしたような感じがありますね。
「Stand」はいいですね。キャッチーで疾走感もあります。でもライブではやらなかったようです。
次は9/5の『ロックンロール』30周年です。

2017/08/27 (Sun) 20:57 | EDIT | REPLY |   

パナマハット  

Motorhead meets Ozzyって感じの明るいアルバムで結構好きです。1曲目なんて彼らには珍しいライブで大合唱出来そうな曲ですもんね。にしても25年ですか。。

2017/08/26 (Sat) 22:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: モーターヘッド